novembre 24, 2004

びあっじょ日記③(水上)

別邸仙寿庵
senjyuan.jpe

関越自動車道って、どうしてこんなに寂しげなのかしら。この道が花道になるのは12月下旬以降・・・スキー以外ではなかなか利用しませんしね。中越地震もおさまり、温泉の季節にずばぴた行ったのですが、予想外のぽかぽか陽気。コートなしでもOKでした。水上も全くひっそりとした温泉地ですが、この宿もかなりの敷地。やはり露天風呂付部屋で、お食事は別棟で。とにかく18室にしてはサービス係が大勢です!その割りに落ち度もありますが。エステは伊勢丹「デクレオール」のもの、まだまだレベル低しですね。料理は吟味された素材を生かした関西風で、ひきつけるものがあります。温泉のミストサウナが格別、選べるお布団&枕で安眠できた、リラックスのんびりツアーでございましたよー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

novembre 02, 2004

びあっじょ日記②(ワイナリーとバンブー)

IMG_0568

温泉ついでに、近くにある「シャトーTS」なるシダックス社長の趣味でつくられた
ワイナリーを訪問。なんてことはない、TSは志太さんの頭文字。
ありきたり日本葡萄でつくられたワインと、自慢のコレクションの数々。
ここで結婚式ってキモイ。

でもって、ランチは箱根にとんで「アルベルゴバンブー」。
もうすぐ8年ですかー、バブってますね。
場所柄リゾートですもの、みなさまラフな装い。しっかりと
暖炉はかしこまっておりました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びあっじょ日記①(修善寺)

IMG_0504.jpg

イタリア好きでも、温泉につかっていると「あ~、日本人でヨカッタ・・♥」と自覚する私。
二期倶楽部、淡島ホテル、あさば、蓬莱、強羅花壇、お宿龍石、龍宮殿、
オーミラドー・・・数々のオーベルジュや旅館を渡りあるきましたが
最近の流れはやはり、「ややお安め、露天風呂付き客室のある宿!」

話題の修善寺「あせび野」にたまたま予約が取れて宿泊。
露天風呂付きベット客室はやはり部屋から直行のお風呂がなにより!。
眺めはいまいちなので、地下の男女別露天大浴場もオススメ!
マイスリッパにマジックでマークをつけるへんなシステムはやめにしてほしいところ。
客層は30前後がターゲット?価格の割りに内容十分、料理もヴォリュームたっぷり。
個室の別室にていただけるのおはいいのですが、
高級感はなくとも親しみが持てます。バブルを知らない世代には満足なのかしらね。。
サービススタッフに年配者が多いのも好感触でした。
さすが「嵯峨沢館」経営、オンナ心をつかむのもうまいですね。もうちょいぱっとしたところが
あればなおさらよいのですが・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)